ムサシ動物医療センター
ペットの予防医学から治療まで、熊本の動物病院「ペットのホームドクター」
TEL096-339-7620
〒862-8003 熊本市北区楠5丁目17-27

 

●外 科 ●内 科 ●皮膚科など 医療全般行います。
その他何でもご相談ください。
犬・猫・ウサギ・フェレット
ハムスター・小鳥
月曜日〜金曜日/9:00〜19:00(受付:18:30まで)
土曜日/9:00〜18:00(受付:17:30まで)
日曜日・祝祭日/9:00〜11:00
お問い合わせはこちらまで▶096-339-7620
〒862-8003 熊本市北区楠5丁目17-27

アクセスマップはこちらから

ペットの病気について

ホルモン検査について

アレルギー検査について

わんにゃんドック

ペットサロン

採用情報

FB

院内のご紹介

ムサシ動物医療センターでは動物の立場になって考えて治療をさせていきます 院長 獣医師 宮尾興志郎

当動物病院ではペットが安心して診察を受ける事が出来るように衛生面に気を遣い心がけてます。病気や老齢、赤ちゃんなど免疫の弱い状態のペットにも安心して診察できる病院です。
またペット達が健康で長生きできる事を願い、病院の拡充、高度な検査、医療に対するための設備を充実致しました。

施設紹介

受付

第一診察室

処置室

第二診察室

手術室

検査室

各種機器

眼底カメラ・
メニワンクリアビュー

進行性網膜萎縮、網膜剥離などの眼底疾患を調べる為には、眼底検査を行う必要が有ります。
動物は人と違い、検査時に動いてしまい固定式の眼底カメラでは手軽に眼底撮影を行う事ができませでした。

内視鏡(OLYMPUS)

口から食道、胃、十二指腸まで検査するスコープです。内視鏡で粘膜の状態や炎症の有無を肉眼で検査、組織を採取する生検や異物の除去、様々な診断を行います。

簡易血中乳酸濃度測定器
Lactate Pro(ARKRAY)

血液中の乳酸濃度を測定するための簡便な装置で,主に肝不全の動物における全身状態をチェックする際に利用しています。

ストライカー

骨折、靭帯断裂、膝蓋骨脱臼など、整形外科の手術に用います。

レントゲン装置(FCR)

最新の動物用レントゲン発生装置です。小鳥から、大型犬までレントゲン撮影が行えます。画像診断の基本となります。 また、デジタルのデーターを解析することで、最良の画質を得ることが可能です。

超音波診断装置

心臓・お腹・眼の中を検査します。超音波で体の中の様々な部分を見ることができます。

SPOTCHEM VIDAS

血液中のホルモン濃度の即日検査が可能です。

CRP測定装置

体の中で起こっている炎症を高感度に検出できます。

ガス滅菌器

手術のための道具を滅菌します。熱を加えると溶けて(壊れて)しまうものを滅菌できます。安全に手術する為に滅菌は欠かせません

光学顕微鏡

皮膚検査、尿・便検査、耳垢検査などに使用します。付属のカメラでTVに写して説明することもあります。

歯科ユニット

超音波スケール(歯石除去)・バーポリッシュ・ウサギの歯切りに使用します。

スーパーライザー

近赤外線は組織の活性化に大きな役割を果たします。口内炎や皮膚病、関節炎や椎間板ヘルニアなどの炎症にとても良く効きます。また、手術後の傷の治り方も早くなります。

CO2レーザー

CO2レーザーでは、組織を蒸散させ、外科的処置が行えます。腫瘤の切除などにおいて自動的に脈管を閉鎖しながら手術が行えるため、出血・腫脹・疼痛を軽減できます。

心電計

データを自動解析します。

歯科用デジタル
レントゲン装置

通常のレントゲン撮影と比べて、歯の一本一本の詳細な評価を行うことができます。現像が必要なく、デジタルで情報が管理できます。

尿検査陽機器

尿分析装置・尿比重などがわかります。

血液凝固分析装置

手術前などに、血液凝固系の異常の有無を検査できます。

眼科検査用機器

細隙灯・眼圧計・眼底用レンズ・倒像鏡などたくさんの検査機器があります。

麻酔モニター(写真 左)

手術中は麻酔モニターで、心電図や血液中の酸素飽和度、呼気中の二酸化炭素濃度、麻酔ガス濃度、血圧、体温などをチェックします。

麻酔器(写真 右)

ドレーゲル社製の高性能の人工呼吸器付き麻酔器(Fabius GS premium)です。より安全に麻酔時の呼吸管理が可能です。

PKシステム(写真 下装置)

手術時に太い血管をはさんで止血する器械です。

電気メス

出血している部位の止血凝固や生体組織を切開したりする医療機器です。

ICU

状態の重篤な動物が入院するスペースです。 酸素室になっていますので、呼吸器疾患の犬などもここに入る場合があります。

血液化学検査

血液検査の器械です。採血をしたその場で、肝臓、腎臓、その他様々な血液中の値を測定できます。動物の正常値を書いた表といっしょに、飼い主さんにお渡ししています。

血液電解質測定器

電解質のうち、特に重要なナトリウム、カリウム、クロールなどを検査、測定します。

自動血球計数装置

血液の代表的な成分である赤血球、白血球、血小板の量などを調べます。貧血や白血病、感染症などの有無を検査できます。

CRYOGUN

液体窒素により腫瘍を凍らせます。全身麻酔をかけられない高齢の子でも無麻酔~局所麻酔、痛み止めで小さな腫瘍を除去治療できます。

お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのTOPへ